*・゜゚・*:。.:ずっと健康で自分らしく日々輝いて癒されていたいから*・゜゚*:.。.

美と健康と幸せの食事♪ジョコビッチ選手が食事を変えた訳

ご訪問ありがとうございます。

美と健康のナチュラライフプランナー島津たか子です。

 

あのプロテニスプレイヤー「ジョコビッチ選手」の書籍には

グルテンアレルギー(不耐症)についてかなり詳しく

書かれていて、とても興味深いものがありました。

  

何故なら遠い昔の自分を思い起こし、食事改善前の自分の

不調の原因に確信を持てたから。

 

ジョコビッチ選手は食事を変えたこと(特にグルテンを避ける)

によってわずか18カ月で世界王者へ登りつめたのですが

 

食事改善前の試合での異変や心身が崩れていく様子を

本の中で詳しく書いています。

 

f:id:natural-life-com:20170928163826j:plain

例えば足にコンクリートが流し込まれたように重いだとか

思うように息ができない、腹痛、身体の動きの鈍さ

力の弱さなど。

 

私は中学生~高校生の部活のバドミントンの全国行が決まる

大事な試合で、同じようなことを経験してトラウマのような

出来事になっていました。

 

私はまるで自分の身体に重たいおもりがついているような

まともに動けない、みじめな試合をしていました。

 

いつものパフォーマンスを発揮することが出来ず

応援してくれる観客の溜息が聞こえてきました。

 

私は、中学~高校の間、そこそこの成績は納めましたが

ここぞというとき自分の実力を出し切れず、いい時と

悪いときの波があり、いつも身体が重く、持久力が

ありませんでした。

  

マラソン大会のときは、きまって足がなまりのように重く

お腹が痛くなりました。

 

 私はそれを自分の精神力の弱さなのだとずっと思って

きましたが、この書籍のジョコビッチ選手が言っている

症状とほんとに似通っていて・・。

  

ジョコビッチ選手のご実家がピザ屋さんだったという

ことも頷けますが、私も毎朝パンを食べ、パンを食べない

日はなく、おやつとしてもずいぶん食べていました。

  

グルテンは体中の炎症を引き起こす可能性が大きいということ。

つまり炎症は痛みにも直結しています。

  

体が重く、動きが鈍く疲れやすい、鼻づまり、関節痛、

内臓の痙攣、心臓病、アルツハイマーに至るまで

ある種の炎症であり

 

ピザ、パスタ、パン、小麦粉を含んだ菓子類はこれらの症状を

招きやすいと言われています。

 

年齢に関係なくこういったことが起きるので、部活で活躍する

お子様がいる場合は、注意してあげると良いかも知れません。

 

また、ペットフードもグルテンフリーのものが多くなって

きていますので、需要があるのだと思います。

 

グルテンアレルギー(不耐症)は上記以外に貧血、

骨粗鬆症、栄養失調、肌の吹き出物、筋肉の痙攣・

硬直・麻痺、体中の炎症、頭がぼーっとする、

眠たくなる、めまい、強い常習性(たくさん食べたくなる)

etc・・・といった多くの症状があります。

  

次回は自分が小麦グルテンアレルギー(不耐症)がどうか

調べる方法についてお伝えします(^.^)

 

 

サロン・ド・ハーブは、あなた「美と健康を目的とした」

「オーダーメイド食事スタイルプラン」のサポートを行っております。

初めての方は食事プランニングお試しセッションお申込みください。

詳細は下記サロン・ド・ハーブHPから

http://www.salon-de-herbe.com/index.html

 【遠方のお客さま】
遠方のお客様はSkype又はお電話での対応が可能です。

(海外はSkypeのみ)